応募書類が通過しやすい保育事務求人への志望理由例

保育事務 求人

近年では待機児童の解消に向けて、様々な対策が行われています。その為、毎年各地域では少しずつですが、保育園の新規開園や店員数の増員などが行われているのです。それに伴い、保育施設で働く職員の求人も年々増加しています。保育園は有資格者の保育士のみならず、調理師や栄養士、看護師などそれぞれの業務専門の職員が必要になります。小さな子どもを預かる福祉施設として、保育を行う場合は原則として資格が必須となりますが、保育補助や事務職の場合は保育関連の資格がなくても働く事が可能です。子どもに関わる仕事がしたくても資格を所有していない人は、事務や補助の仕事を選ぶと良いでしょう。ここでは、保育事務の求人で採用されやすい志望理由を詳しく説明していきたいと思います。

一般事務やビジネスマナーの知識が必須条件なところもあり

保育事務といっても、仕事内容は他の企業の一般事務と変わりはありません。書類を作成したり電話を受けたりと、基本的には事務所での作業がメインになります。その為、パソコンが使用できたりビジネスマナーが身についている人は有利であると言えるでしょう。表計算や文章作成が得意であったり、秘書や電話応対の経験がある人は即戦力として採用される可能性が高くなります。事務などの経験がある人やそれに関連する資格を所有している人は、応募書類に記載すると通過しやすくなります。また、保育園は毎日子ども達の声が響き渡る賑やかな環境です。企業の静かなオフィスでの事務ではなく、明るい雰囲気の中仕事をしたい、大好きな子ども達に囲まれて仕事がしたいといった保育園への魅力もしっかりと伝える事が重要です。

事務以外にも保育補助をする場合がある

保育事務の求人要項には、保育補助を行う場合があると記載されている保育園もあります。もちろんメインは事務作業ですが、保育園は子どもがたくさん居る環境なのでいつ何が起こるかわかりません。急遽保育の補助に入る場合や、行事などの手伝いをすることもしばしばあるでしょう。その為、子育て経験や子どもと触れ合う事が好きであるといったアピールをすることも大切です。保育園の事務では保護者からの電話や対面での応対もたくさんあるので、子ども達の顔と名前を覚えることも重要になってきます。事務経験だけでなく、積極的に子どもと関わっていける人を採用の基準にするでしょう。子どもとたくさん関わっていきたい、子育て経験を生かしたいといった子ども達への積極的な関わりに関しても応募書類にはしっかりと記載する事が重要です。